ナルコの神

ナルコの神実話モデルは誰?元ネタや実在の人物も徹底解説!

ナルコの神実話モデル 元ネタ 実在 人物
しましま
Pocket

韓国ドラマ「ナルコの神」はもうご覧になりましたか?

全6話、Netflixで2022年9月から一斉配信されています。

韓国ドラマ「ナルコの神」はドラマにしては短いですが、映画のような面白さで話題沸騰中~。

しかも配信直後から、ナルコの神実話モデルがいるとか、元ネタがあるとか、実在の人物が今も健在だとか…噂があふれています(笑)

ナルコの神実話モデルってドラマでは誰のこと?

元ネタとはなんなのか?

実在の人物は今どうしているのか?

気になる真相を徹底調査してみたいと思います。

※注意!この記事にはドラマの内容やネタバレが含まれます!

 

ナルコの神実話モデルは誰?

まず、ドラマをすでに視聴された方は気づいていると思いますが、オープニングで「本作は実話を基にしたフィクションです」と告知されていました!

そう!実話があるということは、ナルコの神実話モデルがいるはずです。(笑)

そんな勝手な予測で調査を開始…
気になることは徹底調査!

ではナルコの神実話モデルは誰なのか?

ナルコの神のドラマの登場人物から調査していきたいと思います!

 

ナルコの神実話モデルは実在する!

ちょっと調べると、すぐにナルコの神実話モデルがいて、実在の人物が存在することがわかりました。

ビックリ!ドラマの中の話がリアルな話なんて…かなり怖いな

まず、ドラマでは登場から怪しさ満載だった牧師で麻薬王だった『チョン・ヨファン』は実在する人物だそうです。

麻薬王は実在する人物だとは思った!

そのほかにも実在の人物がまだいるようなので、さらに調べていきたいと思います。

 

韓ドラナルコの神の実在の人物は誰なのか

韓ドラ「ナルコの神」の中では麻薬王『チョン・ヨファン』は実在の人物だとわかりました。

他には、『チョン・ヨファン』逮捕に重要な任務を担った民間人『カン・イング』も実在する人物なんだそうです。

ただ、国家情報院に協力した民間人としかわからないんですね…名前など詳細は不明です。

実在の人物なら安全保障上、そんな個人情報は明らかにされるはずがない…

ドラマの中の登場人物では国家情報院の捜査官『チェ・チャンホ』や麻薬王の右腕で最終的には大どんでん返しの人物『ピョン・ギテ』も実在しそうですが…。

『チェ・チャンホ』や『ピョン・ギテ』は実在するのかわかりませんでした…

国家情報院が動いたのは事実ですが、作戦の具体的な内容は明らかにされないので、もしかしたらこの2名は実在しないかも知れませんね…

『チョン・ヨファン』と『カン・イング』は実在の人物がモデルになっているのなら、元ネタがあるはずです!

元ネタを徹底調査していきます~。

 

元ネタや実在の人物も徹底解説!

さて、元ネタとは何なのか?

どうやら韓ドラ「ナルコの神」で描かれていた麻薬王の逮捕劇は、実話の事件があるそうです。

その実話の事件に出てくるのが、韓ドラ「ナルコの神」の登場人物でいうと『チョン・ヨファン』と『カン・イング』ということですね!

この『チョン・ヨファン』と『カン・イング』の実話モデルが誰なのか?

実話の事件を徹底調査してみたいと思います。

韓ドラ「ナルコの神」が実話だとしたら、相当すごい話なんだけど…

 

元ネタの事件を徹底解説!

韓ドラ「ナルコの神」の元ネタと事件とは…。

チョ・ボンヘン事件

事件は今から遡ること30年近く前に起こりました。

舞台は韓国…1994年に『チョ・ボンヘン』という人物が建築詐欺事件での詐欺容疑で追われる身になり、捜査の手から逃れるために逃亡を企てます。

韓国と犯罪者引渡条約が締結されていない南米の「スリナム共和国」に逃亡し、そこで生計を立てるために魚の輸出事業を始めます。

人を取り込むことに長けていた「チョ・ボンヘン」ですが、事業に失敗…。

しかし「チョ・ボンヘン」持ち前の能力で、スリナム共和国の権力者などとのネットワークを築き上げていました。

そして麻薬組織に足を踏み入れ、2000年代半ばには自分が麻薬王となって巨大な麻薬密売組織を作り上げたのです。

2007年にその麻薬王「チョ・ボンヘン」が韓国への密輸ルートを構築しているという情報を得て韓国の国家情報院が逮捕に向けて動きます。

2009年に国家情報院は米国麻薬取締局、ブラジル警察の協力でブラジルの空港で逮捕することに成功します。

さらに国家情報院はチョ・ボンヘン逮捕にチョ・ボンヘンに騙されて恨みを持っていた民間人に協力をしてもらったと言うのです。

普通では考えられない麻薬王の逮捕劇となった事件だったのです。

元ネタの事件と韓ドラ「ナルコの神」のストーリーはほぼ実話と思うような展開なんです!

だから本当にリアルなドラマだと思ったんだ…と納得!

 

どこがリンク?実在の人物と韓ドラナルコの神の登場人物

実話を基に作られたフィクションの韓ドラ「ナルコの神」ですが、ノンフィクションではないか?と思ってしまうようなリアルなドラマでしたよね!

ドラマの中でのスリリングな展開と心理戦はドキドキハラハラしました~。

実在する人物がわかったところで、ドラマでは実在の人物とどれだけリンクして描かれていたのでしょうか?

ドラマの麻薬王『チョン・ヨファン』は牧師であり、豪遊しまくる麻薬王と描かれていました。

実話の麻薬王『チョ・ボンヘン』は実際は牧師でもなく、ひっそり暮らしていたようです。

そして、実話では逮捕に協力したと言とわれている民間人はドラマでは『カン・イング』ですが、ドラマの中ではエイの輸出業をするためにスリナムに渡っていました。

実話では民間人が何をしていた人物なのかは情報はほとんどありませんでした…。

ドラマの中の『カン・イング』は屈強な護衛を投げ飛ばし…銃も手慣れているようにぶっ放すし…。
冷静に見ると、こんな最強な民間人って存在するの…と思ってしまう。(笑)

あくまでも実在の人物はいるけど、ドラマの登場人物はフィクションと言うことでしょう…。

 

まとめ

韓国ドラマ「ナルコの神」の実在の人物や元ネタの事件を徹底調査してみました。

ナルコの神実話モデルは実在の人物がいるとわかって、なるほど~だからリアルなんだ!と納得!

麻薬王『チョン・ヨファン』も実際に事件を起こしたナルコの神実話モデルの1人でした。

実話の麻薬王『チョ・ボンヘン』は逮捕されて出所後、現在はまたスリナムで暮らしているという噂もあり、すでに亡くなっているという噂もあり…。

あくまでも噂レベルの情報だけみたい…

実話の元ネタとなった壮大な事件にも驚きますが、その事件に協力した民間人の勇気には感服します。

ドラマでの民間人『カン・イング』も最強の民間人として描かれていました!

最強の民間人に敬意を表したのかもしれませんね…。

あっという間に全6話が見終わってしまう、韓国ドラマ「ナルコの神」はNetflixで何度でも見ることができます~。

何度でもお楽しみください!

error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました