トンイ

トンイ最終回あらすじ結末ネタバレ!ラストトンイはハッピーエンド?

トンイ 最終回 あらすじ 結末 ネタバレ ラスト トンイはハッピーエンド?
test-writing
Pocket

この記事では、トンイ最終回のあらすじと結末のネタバレをまとめています。

側室争いを繰り広げてきたトンイのラストが気になりますよね!

どんな時も笑顔で困難を乗り越えてきた彼女のラストはハッピーエンド?もしくは…。

前回の話ではヨニングンが王妃の養子になり王室争いも一件落着した!と思ったら今度は出宮するというトンイ。

果たして今後のトンイとスクチョンの関係、ヨニングンの運命はハッピーエンドに向かっていくのでしょうか!?

最終回の結末そしてトンイの生死はどうなったのかあらすじを交えながらをご紹介します。

※この記事にはネタバレがふくまれています

 

最終回【60話】のあらすじネタバレ

待ち遠しかった最終回ですが同時に終わりが来てさみしくもある最終回ですね。

第60話『民のために』一体どんな方向へ進んでいくのでしょうか!

まずは60話のあらすじから紹介します。

 

トンイが築いた未来

トンイは綺麗な花畑を昔の兄と父との記憶を思いながら歩いています。

一方宮殿ではトンイの出宮をどうにか止めれないかとザワザワしています。

粛宗(スクチョン)から反対されるも意思は固いトンイ。

息子のヨニングンも行かないでと引き止めますがトンイは涙をこらえ人々の反対を押し切り宮殿を離れます。

梨峴(イヒョン)宮で第二の人生を歩み始めたトンイは都城の男たちを集め、民の為に梨峴(イヒョン)宮の堀を壊し誰もが助けを求められるようにします。

それから、相談所を開いた梨峴宮へたくさんの民たちが押しかけてきます。

民の話を聞き解決する、本格的な政治に力を注ぎました。

ある日トンイの元へヨリという少女が無罪で捕まった父親を救ってほしいと訪れます。

何度も押しかけ調査をするトンイに役人たちはうんざりですが、トンイが心配でたまらないスクチョンも裏で手助けし無事に事件は解決へと導かれヨリと父親は再開をはたします。

後日救ってもらった民たちがトンイの誕生日に東屋を建てます。

誕生日を一緒に過ごそうと訪れていたヨニングン。

母トンイが離宮する時は泣いていましたが、身をもって示す母の姿を心に刻み立派な王になることを決意するのです。

そこには、陰から見守るスクチョンの目にも涙が…。

トンイは自分の民に対する姿を見せたかったんだね

しっかり教えは受け継がれたみたい

誕生日のプレゼントをどうしてもトンイにあげたいスクチョンですが、トンイはどれもいらないと断ります。

相変わらずつれないトンイに拗ねる王様でしたが、何十年この先も誕生日を共に祝うと約束します。

二人の微笑ましい会話の後、トンイが人さらいを目撃する。

王様は家来が来るまで待てと言いますが証拠を燃やすかもしれない!と乗り込もうとします。

そこで堀を超えるために王様に馬になってほしいと頼むトンイ。

王様という立場を知っててもなお馬にすると言うトンイにスクチョンはしぶしぶ背中を貸します。

このシーンは昔を思い出すような描写ですね!

少しずつトンイの描いた夢が民の為に築き上げられていきます。

 

トンイは亡くなった?

長い年月が経ち、ヨニングンが21代英祖の王(ヨンジョ)として即位する時がやってきました。

チョンスと共にトンイの墓の前に立つ息子ヨニングンは母が夢に出てきたと微笑ましく話します。

そのそばにはトンイの幼き頃にそっくりな少女がお墓の毛虫を取っています。

少女は父親に❝トンイ❞と呼ばれていました。

チョンスは少女にその心があれば貴い人にもなれると語り掛けました。

それを少女(トンイ)は嬉しそうに父親に話します。

墓にいた少女の姿はトンイと重なります。

過去の話そして継いでいくもの両方が表現された描写でした。

はっきりとした死因は描かれていませんでしたがお墓があることからトンイは亡くなったとわかります。

死後も民の為に尽くしたトンイの墓はその民たちによって守られていたのです。

最後、王様が馬になって数年後に飛んだのでその時の事件で亡くなったと思っている人もいるかと思います。

しかしおそらくトンイの死因はその時ではありません。

ドラマのほとんどはフィクションですが、トンイは韓国では有名な歴史上の話でトンイのモデルとなった淑嬪崔氏は病気で49歳で亡くなっています。

 

結末はハッピーエンド?

これまで幼少期から見てきたトンイですので思い入れも大きくなっていますね。

結末は視聴者も涙するという声が多数います。

多くの人が涙する最後はハッピーエンドなのでしょうか!?

それでは、長くに渡り放送されたトンイの結末に触れていきたいと思います。

 

結末に感動の涙

王様だと知る前スクチョンに馬になってもらい、最終回でも馬になってもらうシーンがあったのはトンイ60話分の伝えたいことが詰め込まれていました!

最終回ではトンイの背中をしっかりと見てきた息子のヨニングンが立派に成長した姿が見れ、今後ヨニングンがより良い国に導いたことでしょう!

ラストはトンイを呼ぶ粛宗(スクチョン)の元へ歩み寄り、二人で幸せそうに歩いていくシーンで幕を閉じました。

歴史とは違った結末に安堵した方が多かったのではないでしょうか!

穏やかに終わるかと思われた最終回では、トンイが離宮し貧しい民の為に最後まで尽くした彼女の姿は視聴者の心に大きく響きました。

最後はその後のシーンや数年後まで長めに描かれていたね

 

ラストシーンの意味は?

ラストシーンが、『幸せそうでよかった』や『微笑ましい!』などのこえがある一方『天国なの?』『向うで再会したのかな?』という声も。

波乱万丈なトンイの人生の締めくくりはスクチョンとの幸せそうな光景で、きっと彼女の人生も素晴らしい最後を迎えたことでしょう。

女性
女性
第2の人生もトンイらしくて素敵で魅力的な女性でした。

女性
女性
王様との微笑ましいやり取りもよかった!最初のトンイがあってこその今のトンイがあると思える最後だった。

女性
女性
トンイは色褪せることのない素晴らしいドラマであり続けると思います

女性
女性
トンイのような考え方を持ちたい。私の生き方を変えてくれた!

最後トンイとスクチョンが歩いていくシーンは二人が過ごした幸せな月日も表現しているのではないでしょうか!

視聴者の想像力を膨らませるような意図を感じさせるような終わり方でした。

 

まとめ

この記事では、トンイ最終回のあらすじのネタバレと結末についてご紹介しました。

トンイのあらすじとネタバレを見てどう感じたでしょうか。

最後まで民の為に生きたトンイの人生そして教訓は心に響くものばかりでしたね!

60話という長いドラマでしたが最終回を見終わった視聴者はラストがハッピーエンドで安堵しているという声が多いです。

結末としてはトンイはこの世にいませんでしたが安心できるようなハッピーエンド、そして民達の子孫までにもトンイの意思が受け継がれていきました。

最終回も一難去ってまた一難、ラストまでハラハラドキドキする回で最後には心が温まりました!

トンイの賢さ勇敢さ愛らしさは女性の憧れの象徴にもなりましたね!

歴史に触れながらも、ほのぼのとしたラブストーリーも楽しめる作品でした。

error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました